風俗店いろんな業種の客層が知りたいファッションヘルス箱ヘルはどうでしょう?

仕事内容

日本の風俗には海外とは比べ物にならないほど、様ざまなジャンルがあります。
またそのジャンルごとにも、女性たちのスペック別に分類されています。
更に高級店・一般店・格安店・激安店のランク別にも分かれていて、とても多様性のある世界です。

これらのお店がそれぞれ異なった客層を持っています。
ここでは風俗の業種と客層について検証してみました。

風俗業種いろいろ

まず最初に風俗にある業種とそれぞれの内容を見てみましょう。
・ソープランド:「風俗の王様」と呼ばれているソープは特殊浴場という名目で浴槽のある風呂
場でソープ嬢がお客さんに本番を含めた性的サービスを提供するところです。
唯一本番性行為が法的に認められています。
・ファッションヘルス:箱ヘルと呼ばれ、シャワーが付いた個室で性的サービスを提供します。
シャワーとマットが常設されたマットヘルスもあります。
本番はなくヘルス嬢は手コキ、フェラチオ、素股などで射精に導きます。
・デリヘル:デリバリー派遣型ヘルス、出張ヘルスとも呼ばれ、箱を持たずに女性がお客さん
の自宅やホテルに出張して性的サービスを提供します。
本番なくサービス内容は箱ヘルと同じです。
・ホテヘル:無店舗型のファッションヘルスで、ラブホテルまたはレンタルルームなどでお客さ
んに性的サービスを提供します。
本番はなくサービス内容は箱ヘルと同じです。

・性感エステ:回春エステとも呼ばれ、個室でヘルス嬢がお客さんに性的マッサージを施術し
射精まで導きます。
・SMクラブ:女性がサドやマゾになって逆の嗜好を持ったお客さんにSMプレイをしてサービ
スを提供します。
女性がSの場合はフェラチオ等はなくMの男性客は命令されて自慰をするのが普通です。
また女性がMの場合はSの男性客が縛り、バイブ・ロウソク責めなどでフェラチオやAFでフィニッシュを迎えます。
・イメージクラブ:略してイメクラ、様々なコスチュームを着てお客さんが好む性的ロールプレイのサービスを提供します。
*オナニークラブ:略してオナクラ、個室でお客さんがオナニーする様子を女性が見るのが仕
事です。
基本的には女性は着衣のままで男性客のタッチもなしですが、様々な種類のオプションがあります。
・ピンクサロン:略してピンサロ、間仕切りのあるブースでお客さんにフェラチオや手コキで射
精させるサービスを提供します。
・セクシーキャバクラ:略してセクキャバ、おっぱいパブとも呼ばれキャバクラと同じ店内で服を脱いだキャバ嬢にお客さんが触ることが主体で一般的には射精サービスはありません。
基本的には以上が主だった性風俗店になりますが、ソープとファッションヘルスには超高級店・高級店・一般店・格安店・激安店のランクがあります。

女性のタイプ別分類

それでは上記風俗ジャンルがそれぞれ女性のスペックによって分類しているケースを見てみましょう。

・清楚/若妻系:18歳から若い女性中心
・人妻/熟女系:20代から人妻と年齢層高めの女性が中心
・学園系:学校の制服を着せたお店が多い
・ぽっちゃり/デブ専系:太めの女性中心のお店
・巨乳系:バスト大きめの女性中心のお店
・分類なしミックス系:特別分類しないで様々なタイプの女性がいるお店
上記タイプ別に自分の好みの女性がいるお店にお客さんは行くわけですが、その場合の客層は十人十色、様々なので一概に分析することはできません。

ランク別の客層は

お店のランク別に見るとある程度客層を分析することは可能です。
・超高級店:ソープでもファッションヘルスでも超高級店になると、お客さんは1回のプレイで
平均しても10万円以上払うのが普通です。
ですからこのランクのお店を訪れるお客さんは、超お金持ちということになります。
職業としては事業家、大会社社長や売れている芸能人など普段銀座のクラブで游んでいるような人です。
風俗嬢からしたらかなりの上客になるわけですが、人間的にはピンキリでいい人もイヤな人もいるようなので、超リッチという分類にとどまります。
・高級店:このランクも超高級店ほどでなくとも、それなりに金銭的余裕のある人でないと行く
ことはできません。
中小企業経営者・退職金を持っているお爺さん、自営業店舗オーナーなどで、どちらかというとワンマンなお客さんが多いそうです。
あとはどこのお店でも必ず何ヶ月かに一度お金を貯めてやってくる貧乏客がいるようです。
・大衆店:年齢的には高級店よりも若い人20~40代の一般的なサラリーマンで経済的にみ

ても中堅層です。
風俗嬢たちの見解では一番無難なお客さんといえるそうです。
・格安店:ミドルクラスよりも少し生活レベルが低い人やブルーカラーが多いようです。
別の見方をすると、格安店以下のランク店へ富裕層は行かないということがいえます。
・激安店:一番下のランクのお店になると、どこよりもプレイ時間も短く料金も安くなりますので、他の店では断られるような酔っぱらい客や不潔客なども訪れます。
やはり客層で見るとこち
らが一番下ということになります。

まとめ

一般的にはどのお店にもいろんなタイプのお客さんが訪れます。
男性の性的欲求を満たしたいという願望は健康人であれば誰でもあるからです。
全体像を見るとここでご説明したように、お店のランクによって大まかな客層は分かれるようですが、やはりどの店にもいい客もいればイヤな客もいます。

それでもスタッフの風俗嬢に対する扱いが良くて、お客様への対応もしっかりしているお店はレギュラー客もついて客層もいいようですので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました