風俗店で客層がいいのは?箱ヘルとデリヘルの客層の違いはある?

仕事内容

風俗は通常恋人同士や夫婦間で行う性的行為を、金銭を介して女性がお客さんに提供する仕事です。
特殊な業種なので一般職よりも収入も多く、お金のために風俗で働いている女性はたくさんいます。

それだけに客層の良し悪しは風俗で働く上でとても大事なことといえます。
日本の風俗にはいくつものジャンルがあり、そのジャンルごとに異なった客層を持っています。
ここでは風俗全般と、特にファッションヘルスにおける客層を検証してみました。

風俗業種による客層の違い

風俗の業種によって客層も変わってきます。
まず最初に業種別の仕事内容と客層を見てみましょう。

ソープランド

「風俗の王様」と呼ばれているソープは特殊浴場として浴槽のある風呂場とベットでソープ嬢が男性客に本番を含めた性的サービスを提供します。

ソープは唯一本番性行為が法的に認められている風俗で、お客さんが支払う料金も一番高くなっています。
ソープには本番がしたいお客さんと、ソープの浴槽で提供される特殊なサービスを求めているお客さんが来ます。
そしてある程度お金に余裕があるお客さんとなります。

ファッションヘルス

シャワー付き個室で女性が男性客に性的サービスを提供します。
本番行為はないので、手コキ、フェラチオ、素股等でお客さんを射精させます。
シャワーとマットが常設されたマットヘルスもあります。
ファッションヘルスは実店舗を持つ箱ヘルと女性がホテルやお客さんの自宅に派遣されるデリバリーヘルスとに別れています。
その他以下のジャンルがあり、その特定したサービスを目的にお客さんはその店を訪れます。

オナニークラブ

略してオナクラ、個室で男性客がオナニーする様子を女性が見るのが仕事です。
基本的には女性は着衣のままで男性客のタッチもなしですが、最近はいろいろな種類のオプションがプラスとなっています。

以前はオナニーするのはお客さんで見るのが女性でしたが、最近は女性がオナニーしているのをお客さんが見るケースもあります。

イメージクラブ

略してイメクラ、女性が様ざまなコスチュームを着て、お客さんが好む性的ロールプレイをして射精まで行います。

回春エステ

性感エステとも呼ばれ、個室で女性が男性客に性的マッサージを施術します。
通常女性は脱がないでお客さんを手コキかフェラチオで射精させます。
基本的にはマッサージ主体でそれに射精がプラスとなります。

SMクラブ

女性がサドやマゾになって逆の嗜好を持った男性客にSMプレイをしてサービスを提供します。
女性がSの場合はフェラチオ等はなくMの男性客は命令されて自慰をするのが普通です。
また女性がMの場合はSの男性客が縛り、バイブ・ロウソク責めなどでフェラチオやAFでフィニッシュを迎えます。

M性感

通常はM傾向のお客さんがヘルス嬢に苛めてもらうケースです。
射精方法はお客さんの趣向に合わせて行います。
これらのジャンルごとに各人の好みは違って千差万別ですから、一概に客層としての分類はできません。

ランク別による客層の違い

次にランク別による一般的な客層の違いを見てみましょう。

超高級店

ソープでもヘルスでも超高級店がありますが、1回のプレイでお客さんは10万円以上払うのが普通です。
超高級店で遊べるお客さんはやはり超がつくお金持ちということになります。

職業としては実業家、大会社の社長や売れている芸能人など普段銀座のクラブで游んでるような人です。

高級店

高級店もそれなりにお金に余裕のある人でないと行かれません。
どちらかというとワンマンなお客が多いようです。

中小企業経営者・退職金を持っているお爺さん、自営業店舗オーナーなどです。
それとどこのお店でも必ず何ヶ月かに一度お金を貯めてやってくる貧乏客がいるそうです。

大衆店

年齢的にみると高級店に来る客層よりも若くて、20~40代の小綺麗なオタクっぽいサラリーマンが多いといわれます。

経済的には一般的な中堅層になります。

格安店

消去法で見てみると、お金持ちは絶対に行かないお店となります。
どちらかというと、普通よりも生活レベルが低い人や肉体労働者が多いようです。

激安店

激安店はどこよりもプレイ時間も短く料金も安くなり、お店自体は誰でもOKの傾向にあります。
他の店では断られるような酔っぱらい客やホームレスなども訪れます。

風俗嬢にとって地雷客とは

風俗嬢にとって嫌なお客とはどのようなお客さんなのか見てみましょう。
・不潔客:一般的に安い料金しか払えないお客さんは、身だしなみに気を使わないことが多い。
「ペニスをきちんと洗っていない」
「爪を切っていない」
「口臭がきつい」
「肛門をちゃんと拭いてない」など。

・ガッツキ客:部屋に入ったらいきなりディープキスや触りまくる客。
安いから時間も短いとイッた後でもギリギリまでネチネチと触ってくるお客。
・本番強要:ソープ以外の風俗店で「挿れてもいい?」としつこく聞いてくるお客。
格安店に来るお客は余分に払うこともなくただでやろうとしてくる。
・フェラチオをしている頭を押さえる:無理やり奥まで入れさせようとして頭を押さえつけるお客。
・気持ちイイと言わせようとする:アソコを触りながら何度も「気持ちイイ?」と聞いてくるお客でたいしたテクニックもないお客に多い。

風俗嬢にとって良客とは

それでは逆に風俗嬢にとって良いお客とはどのようなお客さんなのか見てみましょう。
・チップをはずんでくれる。
・時間が余ってもしつこく求めてこない。
・ちょっとしたプレゼントを持ってきてくれる。
・プレイがあっさりしている。
・早くイってくれる。
・プライベートなことをしつこく聞いてこない。

箱ヘルとデリヘルの客層の違い

最後に箱ヘルとデリヘルの客層に違いがあるのかどうか見てみましょう。

一般的に箱ヘルは昔からやっている老舗店が多いので、どの店もいわゆるお馴染みさんとしてのレギュラー客を持っています。
安定した客層といえます。
一方デリヘルは箱ヘルに比べると年齢層は若くなります。
独身の中堅サラリーマンなどがよく利用しています。

まとめ

いかがでしたか?
お金を持っているお客が全部良い客とは限りませんけれど、「衣食足りて礼節を知る」のことわざ通り、人は日常の生活が満たされて礼儀や作法にも気がつかえるものです。
風俗に関しては格安店や激安店だと他の一般店よりも、客層が悪くなるという傾向はあります。

安い料金でプレイできるお店は来店客数も多くなり、イヤなお客にあたる確率も高くなるということです。
お客の数が多いということは、それだけ稼げるということです。
風俗で働く女性にとってそのお店の客層の良し悪しは大事なポイントとなります。
客層の悪いお店で働くとそれだけで心を消耗します。

もちろんどんなお客でも対処できるという強い心を持っていれば別ですが、体験入店なり掲示板なりでそのお店の客層に関する情報を仕入れてから働くのが賢明といえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました