心病む風俗嬢が多いというそのわけと対処法

悩み・相談

風俗の仕事をしていて心病んでしまう風俗嬢が多いといわれます。
確かに一般職に比べて風俗嬢の方が心の病気になりやすいのですが、それはなぜでしょうか?
ここでは風俗嬢が心病んでしまうその理由と、病んでしまった場合の対処法を検証していきます。

風俗の仕事内容とその特徴

まず最初にいわゆる風俗業の仕事の内容と特徴を見てみましょう。
・基本的にはお客さんに性的サービスを提供するのが仕事
・様々なジャンルがあり、性行為を含むサービスを提供するのはソープランドのみ、その他の
ジャンルはお客さんとプレイをしながら、最終的には男性客を射精させるのが仕事
・女性⇒男性客・男性または女装した男性⇒男性客・男性⇒女性客に対していずれも性的サ
ービスを施すのが仕事
・一般職よりも高い収入が得られる
・裸もしくは裸に近い格好で仕事をする
・ジャンルによってはお客さんと肌を合わせる

風俗嬢が病む原因

それではここで風俗嬢が病んでしまう具体的な原因を見てみましょう。

接客から

・普通は恋人や好きな相手とする性的行為を見ず知らずの相手とすることで収入を得ること
から、我慢して仕事を続けていくことによるストレスが原因となります。
・風俗を利用するお客さんも様々なタイプがいます。
接客の相手が必ずしもいつも自分にとっていい人とは限らないため、イヤなお客でも接客をしなければならないことで少しづつ病んでいくケースがあります。

稼げない

・風俗の仕事はほとんどが接客してお金が入る出来高制なので、お客が来なければ収入に
なりません。
稼げない風俗嬢は病みやすくなります。
・借金を抱えているの思うように返せなかったり、目標額が稼げなかったりすると不安になってそこから病んでいきます。

お店の人間関係

・お客さんを待っている間集団待機の場合、他の風俗嬢との関係やお店のスタッフとの人間
関係がうまくいかないことが原因となります。

仕事内容

・仕事がどうしても好きになれない:中には風俗の仕事が合わない人がいます。
その場合は接客すること自体が苦痛になってそこから病んでいきます。

・お店が合わない:風俗の仕事は問題ないけれど、お店やお店のコンテンツが自分に合わな
い場合は思うような接客ができないので、それが病む原因になります。

病む根本要因

風俗嬢が病む根本的要因はストレスから来るものがほとんどです。

前項でご案内した具体的原因を見てもわかるように、気分良く仕事ができない要因があって、その自分の気持ちを抑えて我慢することがストレスとなりそこから病んでいくのです。
この病んで行くプロセスは風俗嬢だけに限ったことではありません。
ですからもし自分が気持ちよく仕事が出来ていなかったり、イヤイヤし仕事をしている自分に気がついたらその原因を探ることが重要です。

病んだ場合の対処法

ここでは心病んでいるけれどどうしたらいいかわからない、という方のために対処法をご案内します。

誰かに相談

一番良くないのは自分一人の中に溜め込んでしまうことです。
身近にいる誰かで風俗で働いているのを知っている人が望ましいです。

もし接客に関連して病んでいるのだったら、お店のスタッフや先輩に相談するのも一案です。

気晴らしをする

それほど病んでいるのが重症でなく、少し気が重いとか晴れないなどの段階であれば、好きなこと、食べ歩き・趣味・旅行・観劇・ショッピングなど楽しめることをしてください。

掲示板の利用

風俗の掲示板は知りたいことを質問したり、愚痴を聞いてもらっり、風俗に関連したことで知識を得たりと様々なシーンで役立ちます。
同じ悩みを持っている人たちと情報交換などして、ぜひ有効利用しましょう。

専門家に相談

自分でももう対処の仕様がないと思ったら迷わず専門家の門を叩きましょう。

それ以上症状が重くなる前に対処してください。
風俗嬢専門のカウンセラーもいるので利用しましょう。

病むのを防ぐ方法は?

心が病む前に何か防ぐことができるか見てみましょう。

無理をしない

お金のためとはいえ働き過ぎはいけません。
自分の許容範囲を超えて仕事をしないようにしましょう。
仕事で無理をしたら必ずそのしわ寄せが身体か心のどちらかに来るのだということを忘れないでください。

我慢をしない

どんな仕事をしていても、たまに我慢が必要なときはありますが、基本的には常に我慢をしなければならないような仕事はするべきではありません。

イヤなことはしない

できるだけイヤなことはしない方針でいきましょう。

ファッションヘルスだったら、例えばオプションプレーでイヤなことは受け入れずに、ハッキリと断るようにしましょう。

楽しんで仕事をする

できるだけ楽しんで仕事をするよう心がけてください。
楽しんで接客をすればそれがお客さんにも伝わり、そうすれば収入にもつながってきます。

ストレスを溜めない

風俗の仕事はストレスが溜まりやすいということを自覚してください。
そして少しでもストレスを感じたら、できるだけこまめに発散させましょう。

風俗掲示板から風俗嬢が病むことのナマの声

*お金がいいので風俗を始めて2か月、ネガティブな気持ちに支配されて最近つらくなって接客中に泣いてしまいました。
自分が落ちぶれているようですごくつらい。
風俗嬢として長く働いている人がどうやって乗り越えているか知りたい。
まだまだお金は必要なので辞める気はありません。
もっと楽に働ける方法はありますか?

*昔と違って風俗で働いている子はたくさんいるからそんなに思いつめないで大丈夫!
*お金は誰でも必要だし、それは悪いことではありません。
今はお休みした方がいいようですね。
風俗で仕事をするのは別に悪いことではないし、割り切って働いた方が楽になると思います。
*そんな気持ちで働いたって指名取れないだろうし、リピーターだってつかないんじゃない?
*風俗は息抜きしながら働かないと心壊れちゃうよ。
*店の集団待機室は仕切っているお局とかいて、関係すると病んじゃいそうだから、私はいつもイヤホンつけて雑音は一切聞かないようにしてる。

まとめ

いかがでしたか?
風俗の仕事は一般職よりもストレスが溜まりやすいようですね。

自分に合わない仕事をすれば、風俗でなくてもストレスが溜まって心は病んできます。
とにかくイヤだなと思うことがあったらそれを引きずらないこと、無視しないことが大切です。
最初に問題を特定して向き合うようにすればいいのです。
稼いでいる風俗嬢で心病んでいる人はいません。

ある程度割り切ってそして工夫して、できるだけ接客を楽しんでするようにしているからです。
もしそのままでどうしても改善できないようであれば、お店か職業を変えることも考えましょう。
問題は必ず解決できることを信じて前進してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました