ファッションヘルス箱ヘルの面接について知りたい注意することは?

悩み・相談

新規に仕事を始めるときは必ずどんな仕事でも必ず面接があります。
職種によって面接の内容や仕方も違ってきます。
面接はそれなりに緊張するものです。

でも前もって少しでも面接について知識を蓄えておけば、役に立つはずです。
今回は風俗全般の面接と、特にファッションヘルスの面接で注意すべきことなど検証してみました。
ぜひ参考にしてください。

風俗の面接を受ける際のポイント

面接に行く前のチェック

・お店のコンセプト:まず自分とそのお店が打ち出しているコンセプトが合っているかどうかを、チェックしましょう。
熟女店なのに見た目も実年齢も若かったり、豊乳店なのに貧乳だった
り、お店が要求しているタイプと合っていない場合はまず採用されません

その場合は面接自体が無駄になってしまいます。
・風俗掲示板でお店の情報を仕入れてください。
ネットの掲示板では風俗嬢たちがけっこう本音で語っています。
面接前にある程度どんなお店か知っておくのは無駄ではありません。
・服装:風俗は男性に性的サービスを提供するのが仕事です。
ですから、女性らしい服装が好まれます。
面接ではあまり華美にならないように、女らしい感じのするワンピースや、ブラウスにスカートがいいでしょう。

・下着:傷やタトゥを調べるのに下着になってボディチェックするケースがあるので、下着は良いものを選んで着けていきましょう。
・髪型:一般的にお客さんはショートヘヤよりそれなりの長さがある髪が好きなようです。
くれぐれもボサボサの髪で行かないように。
・靴:服装と同じでボーイッシュな靴やスニーカーなどより、高くなくてもヒールのある靴の方がベターです。
・身分を証明するもの:住基カード、運転免許証、マイナンバーカ-ド、健康保険証、パスポー
トなど本人確認ができるものを忘れずに持参してください。

面接を受けるときの注意事項

・待合室で待たされるときは、モニターでチェックされているケースもありますので、見られて
いることを意識してください。
・受け答えははっきりと:面接官への返答の仕方を見ながら、お客さんとの会話がどんなかも見ますから、明るく笑顔ではっきりと答えましょう。
・言葉遣い:きちんとした敬語が使えるかどうかも見られます。
・仕事への意欲:その仕事に対しての意欲を見せましょう。
風俗の仕事をしながら貯めたい目標額等あればそれを言うのも悪くはないでしょう。
・経験の有無:以前のお店など経験があればきちんと教えましょう。
・質問をする:聞きたいこと、確認したいことがあれば聞きます。

一般的な面接の流れ

風俗店における面接がどのような流れで行われるのかを見てみましょう。
・面接のアポイント:まずお店に電話かメールもしくはLINE等で、面接のアポ取りをします。
そのときに持っていくものを確認します。
・お店所在地の確認:面接当日は最寄駅から車で送迎をしているお店もあります。
・身分証の提示:本人確認ができるものの提示が求められます。
・プロフィールシート:お店が用意したプロフィールシートに必要事項を記入していきます。
通常求められているのは、氏名・住所・身長・体重・スリーサイズ・職歴・外傷やタトゥの有無・
性的特技などです。
風俗ではこのプロフィールシートが履歴書の代わりとなります。

・面接官が書き終わったシートを見ながら質問をしていきます。
・ボディチェック:ソープ店はほとんど、高級店そしてファッションヘルスでも多くのお店で下着で身体の傷跡やタトゥの有無を調べるためボディチェックがあります。
・一通りの質問が終わると仕事内容の説明があります。
・その後そのお店でのお給料システムや支払い方法などの説明があります。
・最後に面接を受けた女性からの質問があれば、それに担当者が答えて面接は終了です。

採用か不採用かの通知

面接後の通知はどうなっているのか見てみましょう。
・会社の事務職や企業の面接であれば採用の可否は後日となるのが一般的ですが、風俗の場合は面接終了と同時に採用されるケースが多いです。
・女性を募集しているお店は比較的忙しいお店が多いので、即戦力を必要としているせいで、採用後はそのまま講習、そして体験入店という流れになることもあります。
・中には後日通知する形態をとっているお店もありますが、採用不可だから後日通知すると
は限らずに、面接日に通知しないシステムをとっているお店もあります。

お店のランク別面接内容

ここでは高級店と大衆店、格安店などランク別の面接内容を見てみましょう。

高級店

・お店が求める採用条件はかなり厳しくなります。容姿、スタイルはもちろんのこと、どこより
も高いお金を払って来るお客さんを満足させる接客ができるかどうかが重要視されます。
・高級店の面接時間は当然他のランクが低いお店よりも長くなります。ファッションヘルス及びソープ高級店では社長が面接をするケースがほとんどで1時間以上の面接時間は普通
です。
富裕層が常連となっているので、社長自ら世間話など交えて、お客さんの視点で女性の受け応えや常識度、言葉遣いなどを見て判断していきます。
・採用が決ると接客方法やプレイ内容などを、厳しく徹底的に教授されます。

大衆店

・面接時間は大体平均して30分~1時間弱のお店が多いです。
・面接はお店の店長がしたり、グループ系列店だと人事の担当者がします。

激安店

・面接時間は一番短く、大体15分~30分くらいです。
・採用率はかなり高く9割以上が採用されます。

面接後断りたい場合

面接が終わってこちらから断るのはもちろんOKです。
断るのにどんな理由があるか見てみましょう。
・希望条件と違った:お店の提示する条件が希望と違う場合。
・他にも面接予定のお店がある:その場合は他店の面接もあること、そして全て終えてから返
事をすることを告げます。
・求人情報に書かれていることと実際の内容が違う:給与、待遇、その他接客内容などに、掲
載されていたのと明らかな違いがある場合は要注意店です。
断る場合はまず面接を受けさせてくれたことに対しお礼を言って、そしてきちんと理由を告げてください。
どんなお店でも無理強いしたりすることはできません。

まとめ

いかがでしたか?
風俗の面接は時間の長短に関わらず1回で済ませるのが普通です。

筆記試験も2次面接もありません。
ですから面接時に聞きたいことは聞いて疑問点がない状態で仕事に挑みましょう。
もしそのお店で働きたいのなら、面接で大切なのははっきりした受け答えと仕事に対する意欲を見せることです。
その他誠実さが重要なのは風俗に限ったことではありませんね。

もし
面接でのお店の応対が感じよくないと思ったら、その場合はそのお店で働くべきではありません。
またもし不採用になったとしてもがっかりしないで、次の面接にチャレンジしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました