風俗で働くときパネル写真の重要性を見直してみよう!

仕事内容

インタネットが日常生活に浸透している今、風俗店ではどのお店も公式ホームページを持って、そのページを通して宣伝と集客をします。
風俗店を訪れようとしている男性もホームページに掲載されている女性の写真をみて指名を決めるのが一般的となっています。
ですからそのお店のページに載っている在籍女性のパネル写真は極めて重要な意味があります。

ここでは
風俗女性のパネル写真の重要性と、効果的な撮り方などについて検証していきます。

パネル写真の重要性

パネル写真とは風俗店やお店のホームページに掲載される風俗嬢の宣伝写真のことです。

現代は昔の吉原遊郭のようにお客さんが直接女性を見て選ぶわけではなく、ほとんどが写真を見て選びます。
お客さんが全然つかないのでパネル写真の撮り方を変えて掲載しなおしたら、指名がつくようになったという話は珍しいことではありません。
パネル写真の効果がわかっているお店はプロのカメラマンを雇ったり、定期的に写真を新しくしています。

パネル写真の種類

ソープやファッションヘルスでも箱がある店舗型のお店は、お店用とホームページ用のパネル写真があります。
お客さんはホームページを見て嬢を選ぶ場合とお店に飾ってあるパネルから選ぶ場合とがありますが、どちらもたいてい同じものを使うようです。
デリヘルなど店舗を持たない風俗の場合はホームページのみで選びます。
ホームページに掲載してあるパネル写真は顔の一部にぼかしが入っていたり顔出ししていないケースも多くあります。

パネル写真を撮るときのポイント

ここではパネル写真を撮る場合のポイントを見てみましょう。
お店によっては細かく指示を出す場合と、個人に任せる場合とがあります。

顔出し

顔出しするかどうかはお店が決めている場合と、風俗嬢が自分で決める場合とがあります。
顔出しした方がお客さんの指名は取りやすくなりますが、隠す場合でも顔の一部を露出してある程度雰囲気がわかるように工夫した方がベターですね。

髪型と髪色

それぞれの風俗嬢が何を打ち出すかによって変わってきます。

例えば清純路線でいくのなら、定番のストレートロングで濃い目の髪の色、熟女が売りならセクシーに見えるヘヤースタイルで茶系がいいでしょう。
ロングの方がお客さん受けしますし、いずれにしても金髪や赤色はNG、です。

服装

着る服もセールスポイントを何にするかによって違ってきます。

いずれにしても、パネル写真は極端に露出度の高いものでなく、何となく見えそうで見えない感じ、もうちょっと見てみたいとお客さんに思わせるような写真がいいでですね。
色は若くて清楚系なら白かピンク、大人の魅力を出すのなら黒や紫が定番です。

ポーズ

これはもう一も二もなくセクシーに見えるポーズに限ります。

ただイスに座って撮るにしても脚をきれいに見せたり、ちょっと前かがみになって胸の谷間を見せたり、出来る限りお客さんを刺激するようなポーズを工夫してください。

お客さんは何を見て決める?

ここではお店のホームページからお客さんが何を見て嬢を選ぶのかを見てみましょう。

1.写真

やはり一番に見るのはパネル写真の顔とスタイルだそうです。
顔出ししていない場合は身体とパネル写真の雰囲気を見て選んでいます。

2.プロフィール

パネル写真の次に見るのがその嬢のプロフィールです。

年齢、スリーサイズやバストサイズなど。
年齢はお店側の意向で実際より若く表示していることがほとんどです。

3.口コミ

最後に実際に行ったお客さんからの口コミ情報を見るようです。

お客さん用の掲示板や口コミサイトでそのお店や風俗嬢の情報を得られます。

パネマジとは

口コミサイトを見ていると「パネマジ」という言葉がよく出てきます。
「パネマジ」とはパネルマジックの略語で、パネル写真に何らかの加工を施して実物よりも良く見せる技術を「パネルマジック」と呼びます。
最近は写真の修整技術も進歩していますので、実物よりかなり良く見せることも可能になっています。
一般的な修正方法としてはタトゥーを消したり体型を補正したり、顔のシワを消したりがあります。
実際には撮影後に写真を見ながら、パソコンで必要だと思われる箇所を修正するのだそうです。
風俗嬢たちの修正希望で一番多いのが目を大きく見せること小顔に見せることだといわれています。

その他毛穴を消したり肌の色を白くしたりの美肌修正も行っています。
どこのお店でも大なり小なりパネマジはやっていますが、あとは程度の問題といえます。

パネマジの実態は?

ここではパネマジの実態をお客さん側と風俗嬢側、両方からのコメントを見てみましょう。

お客さん側

*たまにひどいパナマジ嬢にあたることあるけど、サービスが以外に良かったりすることが多い。
*デリヘルの場合はどんなヘルス嬢が来るのか楽しみだね、ロシアンルーレット気分かな。
*高級ソープや高級ヘルス店だと中には、嬢たちが待っている部屋をマジックミラーで見て直接選べるところもある。
*パネマジOK!身体がエロくてプレイがスケベだったら顔は関係ないね。
*老舗の箱ヘルだとパネマジほとんどない、トラブル回避してるんだと思う。
*すごい可愛いデリヘル嬢呼んだら、ひどいパネマジだった。
キャンセル交換も面倒くさいからそのまま受けたけどサービスもひどかった。
だからあとで苦情ガンガンいったけど。パネマジするんだったらせめてサービスだけでも良くしてほしいよね。
*飛田新地(大正時代にできた大阪西成区ないある遊郭で現在はちょんの間になっている)は
格子窓の部屋に嬢たちが座って外を見てるから、客の方が見られている気分になる。

風俗嬢側

*お客から指名がないのでお店と相談してパネル写真変えました。
パナマジは少しだけしてもらって、そうしたら指名が入るようになりました。
パネル写真って大切なんですね。
*私は美人じゃないけれど、パネマジしてほしくない。
その代わり撮り方工夫してうんとセクシ
ーに見えるようにして、あとは写メ日記更新してがんばってます。
*うちの店どの嬢もパナマジすごいけど、どういうわけかお客さんからのクレームほとんどありません。
*箱ヘル嬢です、パネマジちょっとだけしてます。
すごく修正してお客さんからの苦情もらうのも嫌だし、自分が逆の立場だったら写真と実物と違ったらやっぱり気分悪いから。

まとめ

いかがでしたか?
修正技術が進歩したので修正してもそれがわからないほどの出来栄えになるのですね。
でも写真と実物との差があり過ぎるとパネマジとしてお客さんからのクレームになってしまいます。

より良く見せたい気持ちわからないこともありませんが、できればマジックは最小にしてあとは実力で勝負していきましょう!そして新しいお客さんを獲得するために定期的にパネル写真を更新してください。
それで前に来たお客さんが戻ってくることもありますから、パネル写真の効果は思っている以上にあるのだということを忘れないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました