風俗の自由出勤について知りたいどんなジャンルがありますか?

仕事内容

風俗店の女性募集サイトを見ると「自由出勤制」という言葉がよく出てきます。
風俗独特のこの自由出勤が一体どのようなシステムなのか知りたい人も多いのではないでしょうか。
ファッションヘルス、箱ヘルやデリヘルでも取り入れているのかなども含め、ここでは風俗業界の「自由出勤制度」に関して様々な角度から検証していきます。

自由出勤とはどんなシステムか

風俗自由出勤には以下の2つの出勤制度があります。

自由出勤

自由出勤制とは風俗嬢が自分の都合に合わせてシフトを組める制度です。

一般職では勤務先に指定された勤務時間やシフトの通りに働きますが、風俗では勤務する女性が各自の都合でシフトを決められるのです。
ある程度の最低勤務日数に則って、通常1ヶ月くらい前に勤務予定のシフトをお店に提出します。

完全自由出勤

こちらは勤務日数も時間帯も、制限なく完全に自由に決められるシステムで、1週間くらい前にお店に勤務できる日と時間を提出します。

どんなジャンルで取り入れているか

基本的には集客率の高い繁盛店や大手グループ経営の店など、普通でも在籍嬢の数が多い風俗店で取り入れています。
箱ヘルで大型以外の部屋数も在籍嬢の数も限られるお店や、ジャンルに関わらず日給保証をつけているお店では自由出勤はありません。
デリヘルやホテヘルなど派遣型ヘルスでは多くのお店で自由出勤制を取り入れています。

自由出勤で注意する点

・お店によって自由出勤の週の最低稼働日などの基本ラインはあります。
その基本ラインに沿って各自シフトを決めます。
・ドタキャンはダメ:たとえ自由出勤でもシフトで入れていた日の当日欠勤や遅刻はNGです。
完全自由出勤制でも風俗嬢の自由にいつでも気が向いたときに働くという制度ではありま
せん。
働く日や時間は自分で決められるけれど、事前にシフトを知らせるのが条件となっています。
・突然出勤はOK:ドタキャンの逆で当日突然出勤は受け入れるお店が多いようです。
シフトでは欠勤予定でも急に働けるようになったから出勤しますといえば、忙しいお店だったら

ほとんどのお店で突然出勤を受け入れています。

自由出勤のメリットとデメリット

メリット

・思い通りのスケジュール:仕事とプライベートのスケジュールを好きなように組むことができ

ます。
・希少価値:ある程度顧客を持っているヘルス嬢だったら、常時在籍しているよりはたまの出
勤の方がお客さんにとって希少価値になります。
・生理時:女性に毎月来る生理のときは自由出勤で堂々と休めます。

デメリット

・変更不可:箱ヘルやソープなど店舗型の場合は限られた部屋数で必要な出勤嬢の数が揃っていたら、スケジュール変更で出勤したいといっても受け付けてもらえないことがあります。
・不定期を嫌うお客も:メリットの希少価値を感じるのと正反対で、お客さんに常時在籍していないのは不便と感じられてしまいます。

自由出勤を利用している風俗嬢たちの声

実際に自由出勤のシフトを提出している風俗嬢たちのナマの声聞いてみました。
*私はみっちり2ヶ月働いて3週間休みを取る周期で働いています。
働きやすい自由出勤制度助かってます。
*お金が必要なときだけ働いて1ヶ月おきくらいに休むシフトをとりたいけれど大丈夫でしょうか?⇒(デリヘルスタッフからの返事)全く問題ありません。
出勤するしないは女の子の自由ですから。
前もって出勤がわかっていれば予約が入りやすいので、事前にシフト提出さえしていればOKです。
*箱ヘル勤務ですが、毎月1週間だけ出て残りは休みというシフトでやっています。
そうする出勤を待ってくれているお客さんとかいて指名も入りやすいんですよ。

まとめ

いかがでしたか?
自由出勤で出勤したからといって必ずしもお客さんがつくとは限らないので出勤=稼ぎにはならないところがミソですが、出勤しない限りは稼げません。
風俗の自由出勤は一般職できっちりシフトが決められているよりは、働きやすい便利な制度だといえます。

風俗で働いている子持ちママにとっては子供優先で仕事のスケジュールがたてられるのがいいですね。
現在自由出勤制度を取り入れているのは、デリヘルやホテヘルが多くなっています。
特に自宅待機だとお店から連絡が入るまで自宅で好きなことをして待っていられるので、デリヘル嬢たちには好評です。
お客さんとの兼ね合いを見ながら自由出勤制度を上手に利用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました