風俗の研修はどんなことをするの?研修と講習は同じですか?

仕事内容

風俗業界では採用が決まると一般的には講習と呼ばれる研修制度があります。
ファッションヘルスの箱ヘルやソープではほとんどのお店で研修制度を取り入れています。

デリヘルなど一部のお店では講習なしだったり、あっても簡単な研修で終わってしまうお店もありますが、優良店であれば講習があるのが普通です。
ここでは風俗の研修について検証していきます。

研修は何のため?

風俗での研修はどんな目的でするのか見てみましょう。

・性的サービス:風俗業とはお客さんに性的サービスを提供するところです。
お客さんも性的接触を求めて来店してお金を払うわけです。
性的接触とは愛するもの同士だったら誰でも自然にしていることですが、やはり金銭を介してのビジネスともなれば、それなりのテクニックが要求されるサービスを提供します。
・個別のサービス方法:全般的に提供されるサービスは同じですが、お店ごとに微妙に内容
が違います。
そのため、たとえ風俗経験者でも違うお店に異動した場合はそのお店独自の手法を学ぶ必要があります。

・プレイ内容:特にソープなどではソープ占有の特殊なプレイ方法があり、初心者は必ずそれ
を学ばなければなりません。
・高級店:ファッションヘルスでもソープでも高級店ともなれば、お客さんは破格のお金を払っ
て遊ぶわけです。
ですからお店側としてもその金額に見合うだけの女性に見合うだけのサ-ビスを提供すべきなので、一般店以上の厳しい研修内容で教えています。

研修担当者と研修方法

それでは一体風俗研修は誰が担当していてどのような方法がとられているのかを見てみましょう。

社長または店長

小規模店であれば、その店の社長や店長が応募の面接をして、研修も同じ人が担当するケースがほとんどです。

個別の講習担当者

大手のグループ系列店だと講習専門の担当者がいます。
最近では女性が研修を担当する
ケースが増えています。

口頭&マニュアル使用

お店が用意したマニュアルを見ながら口頭で説明がなされます。

DVD講習

DVDビデオを見ながらの研修となります。

担当者が一緒に見ながら説明を加える場合と一人で見る場合とがあります。

実技講習

実技を交えての研修で、面接担当者と同じ場合と女性の担当者が研修する場合と、お店によって違います。

研修の流れ

箱ヘルやソープでの一般的な研修の流れを見てみましょう。
・お客の迎え方
・部屋に案内する
・入室してからの流れ:シャワーまたは入浴⇒ベッドへ移動
・プレイの仕方:全般サービス⇒プレイ⇒射精
・終わらせ方
・送り出し

具体的研修内容

上記にそって箱ヘルにおいて具体的なにどのような研修をするのか見てみましょう。
・お客さんを迎えたときの挨拶の仕方
・シャワーまでの誘導の仕方
・服の脱がせ方
・身体の洗い方
・お客さんとプレイする際に使用する道具の説明
・キスの仕方
・全身リップのやり方
・ローションの使い方
・男性の体への愛撫の仕方
・手コキのやり方
・フェラチオのやり方
・素股のやり方
・本番強要の断り方
・お客さん射精後の男性器の清め方
・アフタートーク
・送り出すときの挨拶法
などですが、きちんとしたお店ではこれらを研修で教えています。
研修はビデオを見ながらだったり実技講習だったりお店によって違いますが、大体1時間から1時間半くらいの時間をかけています。
デリヘルの場合はヘルス嬢がお客さんのところに出向く形なので、最初にお客さんと会うまでの部分が違いますが、提供するサービスとプレイ内容はほぼ同じです。

風俗研修のメリット

それでは風俗店で実施している研修にはどんなメリットがあるのか見てみましょう。
ファッションヘルスではソープほどではありませんが、独自のプレイ方法があります。
新しく仕事をする際にそのお店の独自のスタイルを習得すれば指名もとりやすくなります。

お店側も研修をしながら、その女性のスキルややる気を見ることができるので双方にメリットがあるので研修は必要なのです。

まとめ

いかがでしたか?
風俗研修=講習は女性にもお店にも非常に有意義なものだとおわかりいただけたことでしょう。

研修を終えたお店側は最初からプロのテクニックを使う必要はないし、研修を基に後は接客を通して少しづつ自分のものにしていけばいいといっています。
研修があるなしはお店の募集ページに明記してある場合もありますが、書いてない場合もあるので、最初に確認してみてください。
最近は女性の担当官とDVD講習が一般化しつつあるので、講習も安心して受けられるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました