風俗で働いているのを知られたくない、有効な身バレ対策を教えて

悩み・相談

風俗で働いていることを公表したい風俗嬢はまずいないでしょう。
できれば人に知られたくはないと思っている女性がほとんどです。
特に結婚していたり恋人がいたりしたらなお更ですね。

ここでは風俗店、特に箱ヘルで働く女性の身バレ対策をご紹介します。

どんな風にバレるのか?

風俗店で仕事をしていて一体どんな形で身バレが起こるのかを見てみましょう。

パネル写真

お店や風俗雑誌に掲載されている写真からバレる:この場合はその雑誌やパネルを見ている男性の友達や知人にバレるケースです。
女性が見る場合は風俗で働きたいと思っている人ですから万が一バレてもそれほど問題にはなりません。

インターネット

インターネットが普及して誰でも見られるようになったので、ネットを通してバレてしまうケースが珍しくありません。

・写メ日記:風俗嬢が発信している写メ日記からバレるケースはよくあります。
部屋の中など特定できるものがはっきり写っているとばれやすいですね。
・SNS:個人情報を発信しているので特定されやすい。

服装・持ち物

風俗の仕事をしていると業種に関わらず、その女性の服装や持ち物が変わるとよく言われます。
一般の事務職とは違い、風俗業は最終的には裸あるいは裸に近い姿でお客さんを刺激するのが仕事ですから、裸になる前から見せることが重要な要素なのです。
また収入も普通よりは高額を稼ぐことができるので、服装や持ち物が派手になってそれでバレてしまうケース。

お店の出入りを見られる

普通に街を歩いている分には偶然の出会いも全く問題ありませんが、入出店するところを見られたら隠しようがありません。

お店との連絡

携帯、LINEなどでお店との連絡メッセージからバレるケース。
これは携帯を見ることができる身近な人に限られます。

性交の仕方

旦那さんや決まった恋人がいる女性に限りますが、風俗勤務をしていると自分でも気がつかない内にベッドでの反応が違ったり、普段と違うしぐさをしてしまうことがあってバレてしまうケースです。

風俗嬢たちの実際の身バレ例

ここでは実際に仕事をしている風俗嬢たちが身バレにあったケースをご紹介します。

*実家の近所に住む友達のお兄さんが写メ日記を見てバレました。
ご丁寧に親にまでばらされちゃって、大変でした。
*スマホLINEでお店のスタッフとのメッセやりとりを彼に見られてしまいました。
経済的に風俗勤務でないとやっていかれないので、彼も仕方なく目をつぶることにしたみたい。

*箱ヘル勤務ですが店にモニターがあるので、一度会社の同僚が来たのを見てバレずに助かりました。
*元々相手に何かされるよりは自分がする方が好きだったので、ヘルスでフェラチオのテクニックを開発してある日彼氏に試してみたんです。
彼はものの1分もしないうちにイキましたけれど、こんなテクをどこで知ったんだということになって、言い訳必死でした。
何とか風俗勤務はバレずに済ませましたけれど。

身バレ対策

それではここで具体的な身バレ対策をご紹介しましょう。

写真

顔写真からバレてしまうことが多いのでできれば顔出しはしない方がベターです。

出してもモザイクをかけるとか、完全には顔がわからないよう工夫してください。

プロフィール

誰もが見ることのできる在籍嬢のプロフィールにはできるだけ本当の情報を載せないようにします。
血液型、身長、出身地などはお店には多少偽って掲載してもらいましょう。

服装・持ち物

プライベートは別として出勤の際にできるだけ目立つ服装はしないように心がけてください。
持ち物もいわゆる風俗嬢がよく持っているバッグなど定番のスタイルは避けましょう。

彼とのセックス

できるだけ風俗に勤務する以前と変わらない反応を示すようにしましょう。
なるべく自分から特別のテクニックは使わないように。

お店がする身バレ対策

・モニター設置:箱ヘルでは受付にモニターやマジックミラーで、お客さんの顔が待機している

ヘルス嬢に見えるようにしてあります。
・アリバイ会社:給与明細や一般会社として電話番号が記載された名刺や在籍証明書なども
発行します。
・電話応対:家族や知人から電話があった場合に一般企業として応対をしてくれます。

まとめ

風俗で仕事をしていく上で身バレは絶対にないとはいえません。
宝くじに当たるよりも高い確率で身バレは起こります。
そこでそれなりの対策は講じておく必要があります。

お店によっては在籍女性の顔写真をそのまま公開しているところもあれば、モザイクをかけているところもあります。
顔写真を載せた方がより効果的なのは事実ですが、身バレを防ぐには100%の顔出しは避けて、顔以外でお客さんを引き付けるセールスポイントを研究してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました